大衆主義と資本主義

高畠素之

考へて見れば、大衆といふ文字も平俗化したものである。七八年前、斯くいふ筆者などが『大衆運動』といふ週刊新聞を發行し、陋屋を名附けて『大衆社』と呼んでゐた頃は、それがハシリだつたせいもあらうが、恐ろしくギゴチないものに引象されてゐた。ところが、どうした風の吹きまわしか、急に震災前後から流行的に濫用され出し、大衆文藝や大衆興行などはまだしも、汁粉屋の廉賣に『大衆デー』を敢て命名する時勢となつてしまつた。かうと知つたら、逸早く『大衆―』の特許權でも出願して置いたものを、今となつては後の祭りで何んとも致し方がない。などと、これは戲談だが、それほど『大衆』は時代の寵兒となり、硬軟兩面から珍重がられてゐる。

大衆とは何んであるか? 大衆は大衆である。有れども無きが如く、無けれど有るが如く、その正體は一向に明瞭でない。無産黨的論客の口吻に從へば、大衆とはプロレタリアそれ自體と同義異語であるかに聞こえるし、有産黨的辯士の演説に依れば必らずしも然らず、漠然たる國民的多數といふ程の意味に使用してゐる。大衆文藝や大衆興行やの場合は、ヨリ高いものに對するヨリ低いものを現はし、通俗的安易的な娯樂といふ程の意味に通ずる。若し夫れ汁粉屋やバナナ屋に至つては、單なる價格的低廉を意味するだけで、大衆と小衆とを論ずべき問題でなささうに思はれる。斯くの如く、大衆の意味内容に關しては十人十色の解釋を下し、お互ひに自分勝手な理屈を求め、彼等自身の正當性を是認する口實たらしめてゐるのだから、大衆の正體も勢ひ浮動を免れぬのが當然である。禅的遁語を用ひずとも、有れども無きが如し、といふの外はなからう。

しかし、一應の理屈は理屈として、いはゆる大衆も決して有名無實の存在ではない。物あれば必らず大小あり、比較的大と比較的小とは如何なる場合にも免れがたい。六千萬國民を分別するとき、假りに所得の問題を中心とすれば乏しき者が多數であり、教養の問題を中心とすれば低き者が多數である。尤も右の場合、所得なり教養なりの標準的高低に依り、多少の異同は免れぬところであるが、大體に於いて『擇ばれたる少數』と、然らざる多數とは常に併存してゐる。大衆とは即ち、後者の『擇ばれざる多數』の意味に外ならない。

富者を崇め賢者を尊ぶのは、東西古今を問はぬ人類の通癖であつた。然るに、大衆萬能の當今となつては、却つて貧者や愚者が幅を利かし、新しい時代の偶像に祭り上げられたのである。例へば、昔なら衆愚の蔑稱で十把一束にされた彼等だつたが、今では『輿論』の名に於いて萬事が是正され、お追從なりにも『民の聲は神の聲』など、まるで似ても似つかぬ豪勢さを示してゐる。蜜柑だつて一ト山十錢のそれは、核が多いか尻が腐つたか、大抵は食ふに耐えぬ劣等品と見てよい。だから、如何に醉狂者でも『蜜柑は夜店の投げ賣りに限る』と言はぬが、人間ばかりは淺猿しくも、核が多からうが尻が腐らうが、敢て質の良否を檢討しようともせぬ。多ければ多いだけ、それだけ珍重がられてゐる。

そこで質疑は當然、何故に人間は、斯くも量のみを重視するかの問題に向けられねばならぬ。人間だとて、決して質を輕視する譯ではない。寧ろ却つて、旨い酒を旨いとし、美しい女を美しいとして、量よりも質を尊ぶのが通性である。同じやうに、馬鹿よりも悧巧がよく、貧乏より金持ちがよく、下品より上品がよいに違ひない。唯だ悲しいことに、這般の是非善惡を露骨に表現すべく、浮世の萬事は餘りにも複雜となつてしまつた。啻に人情關係に於いてばかりでなく、商賣關係が極めて複雜微妙となつたのである。それがため、不自然ではあるが決して不必要でなき大衆煽動が、白晝公然と、彼等の利害の反對者に依つて企てられたのであつた。

今の世は資本主義の世である。資本主義の世といふ意味は、大資本に依る大經營の時代、換言すれば、大量生産の時代といふ意味に外ならない。既に大量生産の時代であつて見れば、薄利に依つて多賣を制することが、唯一の商賣原則として採用されなければならぬ。薄利多賣の對象となるべきは、取りも直さず『大衆』であつて、大衆を顧客とすることに於いてのみ、彼等の利潤は期待し得られるのである。果たして然りとすれば、大衆は彼等のお華客樣であり、仇やおろそかに考へて濟むべき義理ではない。そこで勢ひ、内實はどうでも、表面だけは大衆樣の御機嫌を取り結ぶことが必要となる。臺所口の御用聞きが、惡たれ小僧を促へて『お坊ツちやま』呼ばはりをする如く、見え透いたお世辭の百萬陀羅を竝べ立て、大衆でなければ夜も日も明けぬやうな騷ぎとなつたのも、偏へに商賣往來が然らしめたればこそである。

大衆は自覺したといふ。或はさうかも知れない。だが、大衆は決して主動的に自覺したのではなく、他動的に自覺させられたのであつた。而もそれは、彼等の自覺を最も歡迎せざる資本家と、そしてその代辯者達に依つて促がされたのだから、皮肉といへば全く皮肉この上もない。

先づ第一に新聞紙である。新聞紙は大量生産を最も必要とする企業だが、それだけに、大衆への媚態を最も露骨に發揮しなければならなかつた。昔ながらに社會の木鐸らしく見せかけ、大衆の心理を巧に捕へて商賣の實益を忘れぬところ、さすがに巧言令色の張本たる資格はある。新聞の論調を見よ。揃ひも揃つてデモクラ的であり、強權への反抗を能事としてゐる。同じ見地から、無産黨などに對しても多大なる同情を表し、そのことに依つて、恰も新聞紙それ自體が、無産者の味方なるかに見せかけることを忘れない。尤もその半面には、同じ無産者といふ意味で、記者自身が正眞正銘の同情同感を表する場合もあらう。が、紙數増加を唯一無二の生命と心得る新聞資本主義の立場としては、ヨリ以上ニユース・ヴアリユーに投ぜんがためであり、更らにヨリ以上、斯くすることに依つて無産者の味方なるかに装ひ、以つて大衆顧客の贔屓を贏ち得んとする有意無意の打算と解すべき部分が多い。

同じ理法は、出版物や興行物やの場合にも作用する。殊に前者なら圓本的な場合、後者なら淺草的な場合に於いて、極度に發揮され易いのを常とする。けだし、それらの場合は、生産そのものを大量的ならしめる關係上、恰も生産者たる彼等の利益を犠牲に供し、以つて消費者たる大衆の利益に奉仕するかの如く装はねばならぬからである。何んぞ知らん、彼等は斯く見せ掛けることに於いて大衆の共鳴共感を唆り、對手の油斷に乘じて懷中を抜かんとする狡智に過ぎない。犠牲的出版の奉仕的興行のといふも、畢竟は彼等の利潤目的を中心として考へた文句であつた。圓本的乃至淺草的な宣傳廣告を見れば、思ひ半ばに過ぎるものがあらう。

大衆は如何に『衆愚』であつても、右の如き商業主義の見地に於いては、最も有りがたかるべき大事な顧客である。さればこそ、上はヘンリー・フオードより下は木内興行部に至るまで、大衆主義を唯一の看板としなければならなかつた。その結果、時代に對する大衆的興味を著しく助長したと共に、大衆そのものを味方に惹き入れんとする當面の商策は、やがて大衆に對する煽動にまで發展したのである。無産黨に對する新聞紙の態度などは、その最も代表的な一例だが、既成政黨對普選の關係などにも同じことが言ひ得られる。

制限選擧の上に支持せられてゐた既成政黨は如何なる意味に於いても、普選に贊成すべき理由を認められなかつた。而も彼等が、内面は兎にかく表面の理屈に於いて普選に反對し得なかつたのは、彼等の立場がヨリ大なる國民的利害を代表するかの如く見せかけねばならなかつたことに原因する。彼等の支持する資本主義が、その經濟的利害から大衆への迎合を敢て表明した結果、政治上に於いても迎合を餘儀なからしめたからである。殊に一旦、普選が施行されて見れば、有權大衆たる無産者の投票を獲得せねばならず、それがためには、倍加的に無産大衆への迎合政策を掲げなければならぬのみか、時には彼等の味方なることを積極的に誇示する必要上、脊に腹を代へて大衆の煽動に憂き身をやつさしめたのであつた。斯くして、大衆に對する時代的興味と時代的尊敬とは著しく高掲されたが、それが大衆彼等の自發的努力に出發しなかつたことは、以上の經緯で明瞭となつたらうと思ふ。先づ大衆を持ち上げ、その機嫌を取り結ぶことに依つて利益する『小衆』があり、斯うした小衆の煽動があつたればこそ、副次的にして偶然的なる結果として、大衆の自覺も間接に奬勵されたに過ぎない。寧ろ小衆の側からいへば、大衆に迎合し大衆を煽動はしたが、それは斯くすることに依つて彼等自身が利益し得るからで、假りにその結果として、大衆の物質的利益や精神的自覺が齎されたとしても、それは『招かざる客』であつた。

要するに、大衆主義と資本主義とは楯の兩面である。


底本:『中央公論』第四十三年第四號(昭和三年四月)

改訂履歴:

公開:2006/01/30
最終更新日:2010/09/12

inserted by FC2 system